Web 3.0はウェブの未来となるのでしょうか? - BullPerks
HomeBlog
Web 3.0はウェブの未来となるのでしょうか?
Web 3.0はウェブの未来となるのでしょうか?
02 5月, 2022

Web 1.0とWeb 2.0の進化について詳しく学び、次の段階であるWeb 3.0について理解しましょう。

過去10年間で、現在のインターネットの仕組みが時代遅れで再評価が必要であるという広まってきた意見が増えています。企業はユーザーの同意なしにデータを収集し、情報を検閲し操作し、その影響力を悪用するなど、さまざまな方法で問題行動を行っています。

一部の政府はすでにそのような企業に制限をかけ、インターネットユーザーに対する支配力を制限しようとしています。たとえば、欧州一般データ保護規則がその目標です。しかし、そのような規制はまだ世界中に普及しておらず、インターネットをより安全な場所にするにはより広範な変革が必要です。それがWeb 3.0の約束です。Web 3.0はブロックチェーン技術を使用して、より効率的で安全なオンラインの相互作用を提供します。

この記事では、デジタルワールドの主要な段階を紹介し、今後のWeb 3.0に業界がどのような計画を持っているかを理解します。

Web 3.0はウェブの未来となるのでしょうか? 5

Web 1.0、Web 2.0、Web 3.0の違いは何ですか?

<!DOCTYPE html>

<html lang="en">

<head>

    <meta charset="UTF-8">

    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">

    <title>Comparison Table: Web 1.0, Web 2.0, Web 3.0</title>

    <style>

        table {

            border-collapse: collapse;

            width: 100%;

        }

        th, td {

            border: 1px solid black;

            padding: 8px;

            text-align: left;

        }

        th {

            background-color: #f2f2f2;

        }

    </style>

</head>

<body>

    <h1>Comparison Table: Web 1.0, Web 2.0, Web 3.0</h1>

    <table>

        <tr>

            <th>Aspect</th>

            <th>Web 1.0</th>

            <th>Web 2.0</th>

            <th>Web 3.0</th>

        </tr>

        <tr>

            <td>Time Period</td>

            <td>1991-2004</td>

            <td>2004-2005 onwards</td>

            <td>Emerging</td>

        </tr>

        <tr>

            <td>Interaction</td>

            <td>Read-only, static websites</td>

            <td>User-generated content, interactive websites</td>

            <td>Decentralized, open, and user-centric</td>

        </tr>

        <tr>

            <td>User Engagement</td>

            <td>Low</td>

            <td>High</td>

            <td>Increased transparency and control</td>

        </tr>

        <tr>

            <td>Web Design</td>

            <td>Primitive, limited design</td>

            <td>Prettier, easier to navigate, responsive design</td>

            <td>Integration of digital and physical realities</td>

        </tr>

        <tr>

            <td>Content Control</td>

            <td>Controlled by web admins</td>

            <td>Users can create and share content</td>

            <td>Decentralized data storage and access</td>

        </tr>

        <tr>

            <td>Data Privacy</td>

            <td>Not a major concern</td>

            <td>User data collected and used by marketers</td>

            <td>Blockchain-enabled data protection</td>

        </tr>

        <tr>

            <td>Social Features</td>

            <td>Limited, if any</td>

            <td>Social networking, messaging, and calls</td>

            <td>Metaverse and advanced AI</td>

        </tr>

        <tr>

            <td>Technology</td>

            <td>Basic HTML, tables for layout</td>

            <td>Advanced web technologies, APIs</td>

            <td>Blockchain, AI, and machine learning</td>

        </tr>

    </table>

</body>

</html>

ウェブまたはワールドワイドウェブは、インターネットの主要な情報回収メカニズムです。その初期の開発から90年代にかけて、インターネットの多くのバージョンが順調に移行しました。

何十年にもわたり、ウェブは成長し、新しいコンセプトが生まれ、ウェブサイトは無限の可能性を開発し、すぐにユーザーは気づかずにまったく異なるインフラストラクチャを使用し始めました。異なるウェブ時代の間に急激な変化はなく、これからも起こりにくいでしょう。

異なるインターネット時代を区別する要因は、ウェブ接続の背後にある技術、可能性、および目的です。以下の段落では、各ウェブ時代が意味するものと、将来に期待されることを学びます。

Web 1.0とは何でしょうか?

1990年代中盤にウェブブラウザの登場により、Web 1.0の時代が幕を開けました。物理的なサーバーから提供される静的なウェブサイトの時代であり、現在期待されている洗練されたコンテンツの前触れでした。

Web 1.0は主に何に使用されましたか?

コンテンツ制作はまだ初期段階であり、顧客には対話型アプリケーションの選択肢がほとんどありませんでした。個人のウェブページが一般的で、ISPが管理するウェブサーバーや無料のホスティングプロバイダーでホストされる静的なサイトから成り立っていました。現在とは異なり、インターネットを利用する際のウェブサイトへの広告は禁止されていました。

サイトのデータはファイルシステムに保存され、元の形式で提供されることがよくありました。この特性により、ウェブ管理者は新しいページを追加する際にリンクを追加するために既存のページを再設計する必要がありました。テーブルはコンテンツを整列させるために使用され、サイトは適応性がなく、すべての素材が適切に表示される必要のある解像度を頻繁に述べていました。

さらに、すべてのブラウザですべてのサイトがサポートされていたわけではなかったため、ウェブ管理者はリソースと適切に機能するウェブブラウザのエンブレムを表示しました。

Web 1.0の要点:

  • 1991年から2004年にかけて行われました。
  • 対話や自動化がほとんどない読み取り専用のウェブサイト。
  • ユーザーが公開されたコンテンツとの関与が少ない。
  • 原始的で限定的なウェブデザイン。
  • コンテンツはウェブ管理者によって投稿および制御されます。

Web 2.0とは何でしょうか?

Web 2.0は2004年から2005年の間に始まり、ウェブサイトの数が急速に増加し、最初の公開と比較して異なる可能性と機能を示し始めました。過去20年間、オンラインの対話、ソーシャルネットワーキング、およびユーザー生成コンテンツが、Web 1.0の無機質なウェブサイトを取って代わりました。

Web 3.0はウェブの未来となるのでしょうか? 6

Web 2.0の主な特徴は何ですか?

この新しいインターネット時代では、ユーザー生成のコンテンツが世界中の何百万人もの人々に瞬時に表示され、その前例のないリーチは近年、この形式のコンテンツの爆発をもたらしました。

ほとんどのウェブサイトでアカウントを作成し、ほとんどすべてのサイトでアカウントを作成する可能性が広がりました。利便性とリソースへのアクセスの能力と引き換えに、ユーザーは自分のデータを自由に提供し、データ収集に同意することが増えました。一方で、企業はその無料のデータを広告代理店に販売するか、自社で広告を作成することでその無料データから利益を得ることができます。

Web 2.0ではソーシャル機能の台頭も見られ、ますます多くのリソースがユーザー同士がお互いに話す、メッセージを交換する、電話をかけるなどの機能を提供し、グローバリゼーションを加速させました。

ウェブサイトの外観も改善され、よりシンプルになりましたが、情報提供には変わりありません。ページのコーディングとデザインがよりアクセスしやすくなり、Web 2.0はパターンに支配されています。サイトも適応性を持ち、デスクトップとスマートフォンの両方で同じオンラインゲートウェイが開きます。

Web 2.0の要点:

  • ユーザーがオンラインコンテンツを作成できます。
  • ウェブサイトは美しく、ナビゲーションが容易になりました。
  • ユーザーデータはマーケターにとっての商品となり、ユーザーはデータにほとんど制御を持ちません。
  • ウェブのソーシャル機能が進化し、ユーザーの生活の一部となりました。

Web 3.0とは何でしょうか?

Web 3.0はインターネットの進化の次の段階であり、基本的な理念である分散、オープン、および増加した消費者の有用性に基づいています。

この新しい時代はまだ初期段階にあり、それが完全に引き継がれるにはさらなる技術的進化が必要です。ただし、多くの愛好家はすでにWeb 3.0がWeb 2.0の問題、特にユーザーデータの収集と使用に関する問題を解決すると予測しています。

Web 3.0の主な特徴は何ですか?

Web 3.0の中心的な概念は、ブロックチェーン技術によって実現される分散化です。データは単一のサーバーに保持されるのではなく、ユーザー間で分散されます。ユーザーはブロックチェーンネットワークで処理および保存されたデータにアクセスできるため、より誠実で安全なウェブナビゲーションが可能になります。

一部の業界リーダーは、これが人工知能と機械学習を次の段階で進める時代であるとも述べています。インテリジェントなアルゴリズムは、ユーザーがインターネット上で必要な情報を見つけるのを支援し続けます。このような技術は、物理的な世界とデジタルの世界を統合する幅広い環境であるメタバースの道を築くのにも重要な役割を果たすでしょう。

Web 3.0の要点:

  • ブロックチェーン技術による分散化とデータの新しい取り扱い方法。
  • メタバースと物理的およびデジタルの現実の統合。
  • 高度な人工知能。
  • デジタル金融システムの統合。

Web 3.0への投資方法

次の技術革命への道を切り開くだけでなく、ブロックチェーンネットワークはまた、暗号通貨とその派生プロジェクトが機能する基盤でもあります。Web 3.0への投資の良い方法は、暗号ベースのプロジェクトを通じて行うことです。

ブロックチェーンと暗号通貨の使用が拡大するにつれて、Web 3.0の採用も増加します。分散型の新しいプロジェクトの日々の登場、分散型ファイナンスの確立、および非代替可能トークン(NFT)の人気をすでに観察できます。

暗号通貨を購入したり、ブロックチェーンベースのプロジェクトに投資したりすることで、投資家は実際にWeb 3.0の開発に貢献しています。BullPerksプラットフォームでは、BLPトークンをステーキングおよびファーミングすることで収益を上げたり、初期のコインオファリングプロジェクトに投資することでトークンの割り当てを取得したりするさまざまな暗号通貨投資機会を提供しています。どちらの方法でも、セキュアで合法的なプラットフォームを通じてブロックチェーンの世界に参加し、個人の投資ポートフォリオを拡大できます。

Web 3.0の主な応用例

Web 3.0はウェブにおけるユーザーのプライバシー、データの主権、および大規模な分散に焦点を当てた最新のイテレーションです。セキュリティの向上に加えて、Web 3.0には機械学習、非代替可能トークン(NFT)、メタバース、暗号通貨などの高度なテクノロジーも組み込まれます。では、Web 3.0の例は何でしょうか?それらを確認しましょう。

機械学習(ML)

機械学習(ML)は、大量のデータを迅速かつ正確に分析して将来の動向について予測または推論するための強力なツールです。

この技術は、大規模なデータセットを使用してトレーニングされたアルゴリズムを使用して、データ内のパターンを認識し、追加の人間の入力なしで予測または意思決定を行うのに使用されます。

MLは小売業から医療業界までさまざまな業界で使用されており、Web 3.0の応用はウェブサイトやオンラインアプリケーションとの対話方法を革命化する可能性があります。

非代替可能トークン(NFT)

非代替可能トークン(NFT)は、一意のアイテムや資産の所有権を表すデジタルアセットです。NFTはブロックチェーンなどの分散型台帳に保存され、それによりそれらは検証可能で安全で不変であり、Web 3.0プラットフォームでの買い手と売り手の間での信頼性のないトランザクションを可能にします。

メタバース

メタバースは、ユーザーが自分自身のアバターを使用してデジタルオブジェクトと対話し、ブロックチェーン技術のセキュリティ機能を活用する仮想世界を作成しようとする野心的なプロジェクトです。メタバースはそのエコシステム内でデジタル資産の購入と販売の単位としてNFTを使用し、ユーザーはこの分散ネットワーク内で仮想の不動産や他のデジタルアイテムを永続的に所有できます。

暗号通貨

暗号通貨はWeb 3.0の別の主要な応用分野であり、ユーザーに対して伝統的な銀行システムや中央銀行や政府のような機関に依存せずにお金を迅速かつ安全に送金できるようにします。

暗号通貨は、分散型台帳システムを使用してすべてのトランザクションの透明な記録を提供し、ゼロ知識証明(zk-SNARKS)などの暗号化技術を使用してプライバシーを保持します。これにより、信頼性のないトランザクションが銀行や支払いプロセッサーなどの仲介者に頼らずに2つの当事者間で行われることが可能になります。

Web 3.0はウェブの未来となるのでしょうか? 7

結論

ワールドワイドウェブは、現在の姿になるまで長い道のりを歩んできましたが、すでに近い将来に再び進化する兆候を示しています。Web 3.0は日々現実味を帯びており、機会がまだ新鮮で再発する状況で投資する最適な時期です。

Web 3.0に興味がある場合、セマンティックウェブ、人工知能、分散型ウェブ、スマートコントラクト、ワールドワイドウェブ、拡張現実、データの保管、検索エンジン、デジタルまたは物理的な資産、バーチャルリアルイティ、データの所有、エッジコンピューティング、ソーシャルメディアプラットフォーム、静的ウェブページ、自然言語処理、集中型サーバー、分散コンピューティング、オンラインデータ、将来のウェブ、ビッグデータ、分散型自治組織、ピアツーピアネットワーク、ソーシャルウェブ、分散ネットワークとその主要な特徴、機械学習技術、現実のウェブ、セマンティックウェブなどの用語についても興味を持つべきです。

Web 3.0はウェブの未来となるのでしょうか? 8

BullPerksを使った最も影響力のある暗号プロジェクトに投資を始めたいですか?この包括的なチュートリアルで学んでください!

免責事項。この資料は投資判断の根拠または投資取引への参加を勧めるものとして解釈されてはならず、デジタル資産の取引には重大なリスクが伴う可能性があり、投資元本の損失につながる可能性があります。したがって、リスクを十分に理解し、経験レベル、投資目標を考慮し、必要に応じて独立した金融アドバイスを受ける必要があります。

More articles on this topic