自分自身のIDOを立ち上げるためのクイックガイド - BullPerks
HomeBlog
自分自身のIDOを立ち上げるためのクイックガイド
自分自身のIDOを立ち上げるためのクイックガイド
01 3月, 2022

企業が追加の資金を必要とする場合、ビジネスを拡大したり、収益を生成するために製品を製造するなどの選択肢があります。これらの拡張を支援するために、彼らは銀行や政府機関からの融資という形で財政支援を求めることがあります。しかし、ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨の登場により、ほとんどの企業は現在、トークンセールを通じて迅速に資金を調達する機会を持っています。

企業は暗号トークンを作成し、最終的にはビットコイン、イーサリアム、および他のオルトコインと交換するために一般の人々に公開することができます。このプロセスはトークンの発行による資金調達として知られています。さまざまな資金調達プラットフォームでは、ICO、STO、IEO、IDOなどのコインとトークンを取引します。では、IDOガイドの方法は?

IDOの立ち上げ方法

IDOは、発行者が分散型の流動性プラットフォームを介してIDOコインを割り当てるプロセスの一部です。これは、ICO、STO、IEOなどの他のプロセスで立ち向かうために導入されたアップグレードされた資金調達モデルです。IDOは分散型の流動性取引所を介して立ち上げられ、ユーザーが製品やサービスに関連するコミュニティとの関与について情報を提供し、助言を提供することで、ユーザーを支援します。分散型の流動性は、暗号通貨資産取引所であり、流動性プールを使用してトレーダーや投資家がトークンを取引できるようにします。

流動性プールには暗号資産とステーブルコインの両方が含まれます。市場状況によっては、トレーダーや投資家が暗号資産とステーブルコインのペアを切り替えることができるかどうかが決まります。これらの流動性ペアの例にはUSDT/ETHがあります。これらのコインはトレーダーが安全に暗号トークンと資産を管理し、ステーブルコインの方がはるかに低いボラティリティを持っているため、価格の変動を増加させることなく、トークンを切り替えることを可能にします。

これらの分散型のボラティリティ取引所は、企業がトークンを発行し、資金に迅速にアクセスできるようにする手助けをします。IDOを含むIDOコインの発行を促進する分散型の流動性プラットフォームには、Uniswap、Bancor、またはBinanceなどがあります。IDOは保証や保証を持たないため、発行者がイベントをコントロールします。この流動性は、スタートアップや企業がトークンを発行し、資金に迅速にアクセスできるように支援します。最初のIDOはRavenプロトコルで開催されました。

徹底的な学習とトレーニングプロトコルは、費用対効果の高いかつ迅速なニューラルネットワークトレーニングを提供します。IDOはこれらの日々ますます主流となり、多くのビジネスが資金調達のためにIDOを考慮しています。IDOは分散型エコシステム内の最新の資金調達モデルであり、ユーザーのデジタルアセットの高度なセキュリティを提供します。これはすべて興奮するニュースですが、興味を持ったユーザーは資金調達のIDOプロセスを知っておくべきです。

また、ユーザーは賢明な選択をし、IDO開発サービスプロバイダー企業を利用するべきです。決定したIDOプロセス開発会社は、デジタル市場で最高の企業の一つでなければならず、適切な可視性を提供するために正しく利用される場合にはIDOを設定するためのベストプラットフォームを選択することができます。

自分自身のDEXオファリングを立ち上げる方法

プロジェクトはIDOに特化したプラットフォームを通じて一般の人々を引き寄せることができます。指定された条件の下で誰でも投資し、トークンが市場に登場する前にトークンを購入することができます。自分のIDOプラットフォームを立ち上げることは、投資家、ユーザー、資金調達者のコミュニティを作成し、ビジネスの繁栄を促進するための最も有益な条件を確立する機会です。

戦略を立てる

製品の方向性に対するトークン提供を強化し、ステークホルダーを確保するための戦略的な時間ベースのロードマップを計画します。

ホワイトペーパーを作成する

詳細で包括的なホワイトペーパーを作成して、投資家を引き寄せ、新しいプロジェクトを暗号市場に立ち上げます。

IDOを実行する

コインのIDOを立ち上げ、すぐに資金を調達を開始できます。

トークンの価値を増加させる

トークンを市場で利用する人々に特定のユーティリティサービスを提供することで、トークンの価値を増加させることができます。

ガバナンストークンを作成し配布する

プラットフォームの成長と改善に貢献したユーザーに報酬を提供する手段として、ガバナンストークンを発行します。

サービスの提供を開始する

トークンの価値を増加させるために、ブロックチェーン技術の高度な機能を活用してサービスの提供を開始します。

IDO をローンチするメリット

即座の流動性

トークンの流動性は非常に重要です。それはトークンの価値を増加させるためのレバレッジを提供します。逆に、即座の流動性が利用できない場合、トークンの価値を破壊することがあります。流動性プールはスリッページなしで流動性を提供し、すべての価格レベルで流動性を提供します。最初はプロジェクトはトークンの価値を開発する必要があり、流動性を獲得し、流動性プール内でトークンを切り替えるための価値を創造する必要があります。

即座の取引

プロジェクトが立ち上がった後、投資家はすぐにトークンを取引を始めることができます。また、IDO中、早期のトークン購入者は高いレートでトークンを売却することができます。最初の投資家がトークンを購入すると同時に、価格は彼らの利益に合わせて変動します。

低コスト

プロジェクトのトークンは流動性取引所を利用し、わずか数ドルしかかかりません。同じ価格で新しいスマートコントラクトを実装でき、これらのスマートコントラクトは資産のトークンと流動性プールを管理するのに役立ちます。

安全で公平な資金調達

異なるブロックチェーンプラットフォームでIDOを開発および展開して、各プラットフォームが提供する特別な機能を最大限に活用できます。適切なプラットフォームを選択することで、IDOの可視性を向上させることができます。

暗号通貨は分散型の金融機会の道を作成することです。BullPerksは分散型のVCであり、マルチチェーンのランチパッドで、ユーザーが最高のプロジェクトにアクセスできるようにすることを目的としています。これにより、ブルマーケットの人々には他の人よりも多くの利点があります。プラットフォームは、プロジェクトや取引に関する最良の情報を得るための機会を提供します。これはコミュニティに参加する特典であり、新しいスマートプロジェクトに早く紹介され、最良の結果を得ることができます。BullStarterは、最良の取引を把握していない小売投資家やユーザーにディールとプロジェクトを提供する専用の暗号ランチパッドです。IDO対ICOの違いについて詳しく読むこともできます。

まとめ

IDOは、スタートアップや他の既存のビジネスが製品とサービスのラインを拡大しようとする際の魅力的な資金調達提案です。現在、最盛期にあり、暗号市場に利益をもたらす多くの利点があります。すべての戦略に共通することで、IDOには利点と欠点の両方があります。

分散化を許容し、セキュリティを維持する難しさを理解し、平準化するのに時間がかかるかもしれません。それにもかかわらず、IDOは高く評価されており、この重要なブロックチェーンベースの資金調達方法にますます投資しているフォロワーを確立し、高く評価されています。今こそ行動するベストタイムであり、IDOを作成および立ち上げることによって、この新しい資金調達形式に取り組むのがベストです。

IDOなどについてもっと学びたい場合は、初期コインオファリング、最適な分散型取引所の見つけ方、最適なIDOランチパッドは何か、トークンセール、公平で安全な資金調達、トークン生成イベント、アセットトークン、分散型取引プラットフォーム、トークン生成、トークンスワップ、トークンの立ち上げ方法などについてもっと読むことができます。

最も有望な暗号通貨プロジェクトに投資を始めたいですか?BullPerksを使って投資する方法を学びましょう。BullPerksは、最も公平でコミュニティ志向のある分散型VCであり、マルチチェーンの暗号ランチパッドです!

More articles on this topic