リキッドプロバイダー・トークンの仕組み - BullPerks
HomeBlog
リキッドプロバイダー・トークンの仕組み
リキッドプロバイダー・トークンの仕組み
25 7月, 2023

October 18, 2023

2023年10月5日

リキッドプロバイダー・トークンの仕組み 2

分散型ファイナンス(DeFi)のダイナミックな世界において、リキッドプロバイダー・トークンは、ユーザーにより多くの参加と報酬をもたらす主要な要素として登場しています。しかし、それらは具体的にどのように機能するのでしょうか?この記事では、リキッドプロバイダー・トークンの仕組みをステップバイステップで詳しく解説します。基本的な概念を理解し、リキッドプール、イールドファーミング、自動マーケットメーカーにおける役割を探求することから、これらのデジタルアセットについて知っておくべきすべてを解き明かします。

あなたが暗号通貨愛好者であるか、DeFiの初心者であるかに関わらず、この包括的なガイドは、リキッドプロバイダー・トークンの世界を自信を持ってナビゲートできる知識を提供します。ですから、ぜひお読みください!

クリプトリキッドプロバイダーとは?

クリプトリキッドプロバイダーは、分散型ファイナンス(DeFi)市場で重要な役割を果たします。これらは、暗号通貨トークンをDeFi取引所(DEXs)にステークし、取引を容易にし取引手数料を得る個人または団体です。これをリキッドィティ・マイニングと呼ばれるプロセスです。

暗号通貨の文脈では、リキッドィティは、価格への大きな影響を与えることなくトークンを取引できるかどうかを指します。コインがより人気があるほど、そのリキッドィティは高くなります。リキッドプロバイダー(LPs)は、金融市場に買い注文と売り注文を供給することによって、このリキッドィティを増加させるのに役立ちます。

自動マーケットメーカー・プラットフォームの重要な機能の一つが、リキッドプロバイダー(LP)トークンです。 LPトークンはリキッドィティ・プール内の所有権を示し、これらのプラットフォームがユーザーの資金を保持しない、非保管型の方法で運営することを可能にします。

ただし、リキッドィティを提供することには、仮想通貨のリスクが伴います。その一つは、永続的な損失と呼ばれるものです。これは、プール内の1つのトークンの価格が他のトークンと比較して大幅に変動する場合に発生し、リキッドプロバイダーがトークンを保持していた場合と比較して価値を失う可能性があります。

それにもかかわらず、リキッドプロバイダーはかなりの収益を上げることができます。Uniswapなどのプラットフォームで取引が実行されるたびに、LPsは提供したリキッドィティの量に比例した手数料を得ます。これらの手数料は、安定したアセット用の0.05%から、よりエキゾチックなペア用の1%まで幅広いものです。

したがって、個人であろうと企業であろうと、クリプトリキッドプロバイダーは、基本的にデジタルアセットを公に引用された価格で売買して、市場と自身の両方に利益をもたらす暗号通貨アセット市場へのリキッドィティを提供します。

リキッドィティプールとは?

分散型ファイナンス(DeFi)の文脈では、リキッドィティプールはスマートコントラクトにロックされたデジタルアセットの形での資金のコレクションです。これらのプールは、分散型取引所(DEXs)での取引、貸付、およびその他の金融取引を促進するために使用されます。

素人にとって、リキッドプールは誰でも利用できる暗号通貨のクラウドファンディングされた貯水池と考えることができます。これらはDEXs上で異なるアセット間の取引を促進するために使用され、合意された価格に基づいてトレーダーをマッチングする従来の中央集権取引所の代替手段を提供します。

リキッドィティプールは、アセットのペアをスマートコントラクトにロックすることによって機能します。これにより、ユーザーは他の個人と直接取引する代わりに、この資金プールと取引することができます。このシステムの主要な利点は、買い手や売り手が必要ないため、トランザクションが即座に実行できることです。

ただし、これには特定のリスクも伴います。主要な懸念事項の一つは永続的な損失の問題です。ユーザーは彼らの資金を共有プールに寄与するため、そのアセットの価値はプールのパフォーマンスに基づいて変動する可能性があります。

クリプトリキッドプロバイダーはどのような役割を果たすのでしょうか?

クリプトリキッドプロバイダーは、分散型ファイナンス(DeFi)市場で重要な役割を果たします。彼らは市場メーカーとして機能し、暗号通貨アセットをDeFi取引所(DEXs)にステークし、取引を容易にし取引手数料を得る実践、通常はリキッドィティマイニングと呼ばれます。

これらのプロバイダー、個人であろうと企業であろうと、市場に買い注文と売り注文を提供し、市場リキッドィティを大幅に増加させます。基本的には、彼らはデジタルアセットを公に引用された価格で売買して、暗号通貨アセット市場へのリキッドィティを提供します。

自動マーケットメーカー(AMMs)について

自動マーケットメーカー(AMM)は、デジタルアセットの取引を促進する数学的アルゴリズムを使用する分散型取引(DEX)プロトコルの一種です。買い手と売り手をマッチングさせるために注文ブックに頼る従来の取引所とは異なり、AMMsは取引を可能にするためにリキッドィティプールを使用します。

AMMの概念は、個人トレーダーが仮想通貨アセットを簡単に購入および売却できるアルゴリズムまたは「マネーロボット」の周りに構築されています。他の人々と直接取引する代わりに、ユーザーはAMMを介して取引し、その設計された数式に基づいてアセットの価格を自動的に決定します。

AMMは分散型ファイナンス(DeFi)エコシステムの重要な構成要素であり、デジタルアセットを許可なしで自動化された方法で取引できるようにします。これにより、市場価格でアセットを購入および売却できるプラットフォームを提供します。

ただし、AMMは重要な利点を提供する一方で、永続的な損失を含む独自のリスクも伴います。これは、AMMのリキッドィティプール内の1つのトークンの価格が他のトークンと比較して大幅に変動する場合に発生し、リキッドプロバイダーに損失をもたらす可能性があります。

よくある質問 (FAQ)

リキッドプロバイダーは取引所に取引量を生成しますか?

はい、リキッドプロバイダーは取引所に取引量を生成します。彼らは保留中の注文の形で注文ブックの取引量を追加し、他のトレーダーを引き寄せます。多くのリキッドプロバイダーを持つ取引所は、取引量とキャッシュフローの増加につながります。

リキッドプロバイダー、または市場メーカーは、発行会社から証券の大量購入を行い、それらをバッチで金融機関に配布し、それらを一般の市民に提供します。

分散型ファイナンス(DeFi)の世界では、リキッドプロバイダーはリキッドィティプールで取引を促進するために資産を預け入れ、リキッドィティプロバイダー・トークンを生成することがあります。これらのリキッドプロバイダー・トークンは、トータルプールのリキッドィティに対するLPのシェアに基づいて利益を生むことができます。

注文ブックとリキッドィティプールの違いは何ですか?

注文ブックとリキッドィティプールは、資産の取引に使用されるメカニズムですが、かなり異なります。

注文ブックは、特定の資産のための買い注文(買い注文)と売り注文(売り注文)を記録および管理するために中央集権取引所で使用される伝統的な方法です。それは各価格レベルで望ましい数量の現在の入札(買い注文)と要請(売り注文)をリストします。トレードは、買い手の価格が売り手の価格と一致すると発生します。この方法は、十分な買い手と売り手が各価格レベルでリキッドィティを維持し、取引を促進するために必要です。

一方、リキッドィティプールは主に分散型ファイナンス(DeFi)で使用される新しいコンセプトです。それはスマートコントラクトにロックされた資金(通常は暗号通貨トークンの形で)のコレクションです。個々の買い手と売り手をマッチングする代わりに、取引はこれらの資金プールに対して行われます。リキッドィティプールは、自動マーケットメーカー(AMM)によって主に使用され、ユーザーはプールからトークンを直接スワップでき、価格はプール内のトークンの比率に基づく数式によって決定されます。

両者の主要な違いは、リキッドィティに対するアプローチにあります。注文ブックはリキッドィティを提供するために市場参加者(買い手と売り手)に依存しており、一方、リキッドィティプールは資金をプールに預け入れるリキッドィティプロバイダーに依存しています。また、リキッドィティプールは注文ブックよりも予測可能で安定した取引を提供できます。注文ブックは、特定の価格レベルで十分な注文がない場合に価格のスリッページに対応する可能性があるためです。

Uniswapの価格はどのように計算されますか?

イーサリアムブロックチェーンで運用されている分散型取引所であるUniswapは、トークンの価格を計算するために自動マーケットメーカー(AMM)モデルを使用しています。買い手と売り手を一致させるために注文ブックに依存する従来の取引所とは異なり、Uniswapはリキッドィティプールと数学的な数式を使用して価格を決定します。

Uniswapで使用されるコアの価格メカニズムは、「定数プロダクトマーケットメーカーモデル」として知られており、以下の数式で表されます。

  • xはリキッドィティプール内の1つのトークンの量です。
  • yはリキッドィティプール内の他のトークンの量です。
  • kは定数値で、取引中に変更されません。

xとyの数量は供給と需要に応じて変動しますが、xとyの積は常にkに等しいです。これらのアセットの価値は、その数量の変化を通じて自動的にバランス調整され、各トークンの価格を決定します。

ただし、Uniswap V3では、このメカニズムがより効率的かつ資本の利用が向上しています。リキッドプロバイダーは現在、その資本が使用される価格範囲を指定でき、1つの価格曲線ではなく多くの個別の価格曲線のコンポジットを作成できます。

なお、Uniswapでのすべてのスワップには、リキッドプロバイダーに提供される報酬として支払われる手数料がかかります。

スマートコントラクトは安全ですか?

スマートコントラクトは契約の条件が直接コードに記載された自己実行型の契約であり、透明性、変更不可性、自動化という固有の特性により安全であることが意図されています。ただし、どんな技術でもリスクに完全に耐性があるわけではありません。

スマートコントラクトはブロックチェーン技術上で実行され、透明性と改ざん防止の特性を備えています。一度展開されたら、それらの中に定義されたルールは変更できないため、強力な信頼性を提供します。これにより、信頼性がなく、契約の自動実行が有益な状況に適している場面で理想的です。

ただし、スマートコントラクトはまだセキュリティの課題に直面しています。スマートコントラクトのコードは公開され、可視化されるため、未発見のセキュリティの脆弱性が露呈する可能性があります。コードにバグやエラーがある場合、悪意のある行為者によって悪用される可能性があります。実際、スマートコントラクトがハッキングされ、大規模な財務損失をもたらす事例があります。

さらに、スマートコントラクトのセキュリティは、それらが運用されている基盤ブロックチェーンの堅牢性に部分的に依存しています。

また、スマートコントラクトの不変性が一般的に強みである一方、制約でもあることに注意することが重要です。契約が展開後に変更される必要がある場合、変更は新しいトランザクションとして追加する必要があり、既存の条件と競合する可能性があります。

これらの理由から、スマートコントラクトのセキュリティに関する最良の実践を守ることは重要であり、展開前の十分なテストと監査を含みます。

まとめ

まとめると、リキッドプロバイダーの暗号トークンは、分散型ファイナンス(DeFi)プラットフォームの機能において重要な役割を果たします。彼らはUniswapのような自動マーケットメーカー(AMMs)のバックボーンとして機能し、市場のリキッドィティを拡大し、シームレスな取引を促進します。プロバイダーはリキッドィティプールに資産をステークすることで、トランザクション手数料を稼ぐ可能性があり、これは利益を上げる可能性があるベンチャーです。ただし、永続的な損失やスマートコントラクトの失敗などのリスクを理解することが重要です。DeFiが進化し続ける中で、リキッドプロバイダーのトークンのメカニクスを理解することは、この革命的な金融分野を探索しようとしている人々にとってますます重要になります。

最も有望な暗号通貨プロジェクトに投資を始めたいですか? BullPerksと一緒に投資する方法を学んで、最も公平でコミュニティ志向の分散型VCおよびマルチチェーンランチパッドで投資を始めましょう!

免責事項。この資料は投資判断の基礎として解釈すべきではなく、投資取引への参加をお勧めするものとして解釈すべきではありません。デジタルアセットの取引には重要なリスクが伴い、投資資本の損失を引き起こす可能性があります。したがって、リスクを十分に理解し、経験レベル、投資目標を考慮し、必要に応じて独立した財務アドバイスを求めることを確認する必要があります。

Report content on this page

More articles on this topic