IDOプロジェクト投資リスク - BullPerks
HomeBlog
IDOプロジェクト投資リスク
IDOプロジェクト投資リスク
29 3月, 2022

仮想通貨投資の世界に深く入り込むことは、投資家が関連するリスクを認識していない場合、巨大な成功または失敗となる可能性があります。IDO(Initial Dex Offering)の投資リスクについて詳しく学び、それらを回避する方法を学びましょう。

IDOは、その透明な投資プロセスと有望なプロジェクトの幅広いポートフォリオのために、仮想通貨投資家の間で絶大な人気を博しています。実際、この新しい投資モダリティは非常に人気があり、2021年の最高のIDO調達パフォーマンスはトークン価格の127倍に達しました。

ただし、すべての投資にはリスクが伴います。そのためIDOにもリスクが存在します。この記事では、IDOへの投資に関する最も重要なリスクについて取り上げ、それが試す価値があるかどうかを判断するのに役立ちます。

IDOとは?

IDOは「Initial Dex Offering」の略で、クラウドファンディングを指し、分散型取引所プラットフォームを介した早期の仮想通貨ベースのイニシアティブを完成させるものです。

時折、他のコインの提供の進化と理解されることもありますが、IDOはプロジェクトと投資家の間の仲介者を排除する新しい資金調達の形式です。このモデルでは、スタートアップはランチパッドで資金調達を設定し、DEXがトークンのリスティングを担当します。

プロセスはシンプルです:IDOが開始された後、ランチパッドは投資家がトークンを購入し、資金調達目標に達した後とトークン生成イベントが発生した後にそれらを受け取るプールを提供します。TGE(Token Generation Event)は通常、IDOの終了後数時間以内に発生し、トークンは即座にDEXにリストされ、投資家はそれを取引できるようになります。

IDOの人気の主要な要因は、スタートアップが自分たちの取引を立ち上げ、どの投資家でも参加できる柔軟性です。これは、仮想通貨の世界に参入したい人にとって大きな機会です。

IDOプロジェクトの分析方法

高リスクの投資と同様に、仮想通貨ベースのプロジェクトには長期的な失敗率があり、一部のイニシアティブは人気を維持できないことがあります。IDOは先行するコインの提供に比べて比較的安全であることが示されていますが、すべての投資家はトークンを購入する前に各プロジェクトを調査する必要があります。

有望なプロジェクトには信頼性のあるチームがいます。通常、多くのプロジェクトチームメンバーは仮想通貨業界での経験がそれほどないかもしれませんが、以前の仕事や履歴はプロジェクトの実行方法についての手がかりを提供できます。また、アドバイザーもプロジェクトの成功に非常に重要であり、学者、起業家、または幹部から成るグループでなければなりません。

考慮すべきもう1つのスタッフ関連の要素は開発者です。高度なブロックチェーン開発者がまだ不足しているため、専任の開発者を持つプロジェクトは成功する可能性が高いです。

コミュニティが参加し、積極的であることも重要です。異なるソーシャルメディア上の活動レベルは、そのプロジェクトのコミュニティの採用と利用を示唆することができます。コミュニティがプロジェクトの成功に与える影響の素晴らしい例は、毎日価値が上昇し続けているmemecoinであるDogecoinです。

プロジェクトのチームプロファイルとコミュニティの活動を調査することは、デューデリジェンスを開始する良い戦略です。

IDOプロジェクト投資リスク 2

IDOのトップ投資リスク

IDOに投資する前に、賢明な選択をするために最も一般的な関連リスクを理解する必要があります。以下は知っておくべきことです:

コントロールの不足:流動性取引所はIDOを機能させるために特に構築されていなかったため、プロジェクトの創設者は資金調達に対する制御権が少ないです。このコントロールの不足は、最初の取引後のトークン価格の変動など、いくつかの問題を引き起こす可能性があります。

不公平な価格:価格の変動のため、リスト価格でトークンを購入できるのはごく少数の早期投資家だけです。したがって、これらのトレーダーは価格変動を利用して大量にトークンを購入したり、トレーディングボットを開発して高額でトークンを再販するかもしれません。

流動性詐欺:IDOに参加するためには迅速に行動する必要があり、これがしばしば誤った決定につながります。詐欺師はそれを利用して合法的に見える偽のトークンをリストに掲載します。彼らが一定の流動性を得たら、ETHを流動性プールから引き出し、投資家に偽のトークンを残します。

価値の減少:他のどの仮想通貨ベースの投資と同様に、IDOトークンはリスト後に価値が減少する可能性があります。これは、プロジェクトの人気の低下からトークン経済に影響を与える外部イベントまで、さまざまな理由で起こる可能性があります。投資家はトークンの動向を注視し、取引の適切なタイミングを見極める必要があります。

プロジェクトが払い戻しを受ける理由

詐欺師は常に投資家とランチパッドをだまそうと手段を進化させているため、時折、彼らは上手くやり過ごすことがあります。

そのような場合、ランチパッドが後で詐欺を認識するか、プロジェクトが最低限の資金調達に達しない場合、プラットフォームはすべての投資家に返金を提供できます。これにより、コミュニティは詐欺からわずかな損害を受けることになります。

ただし、返金は例外的なケースです。トークンを購入して後悔した場合は返金されません。したがって、投資前に十分な調査を行い、自分の決定を確信してください!

すべてのお金を失うことは可能ですか?

投資したプロジェクトが詐欺である場合、実行とパフォーマンスが不十分で失敗する場合、またはトークンが単に人気と価値を失った場合、一部のお金を失う可能性があります。

こうした損失は、各プロジェクトを調査し、BullPerksのような独自のデューデリジェンス手順とセキュリティ基準を持つ信頼性のあるランチパッドを選ぶことで回避できます。

BullPerksでIDOがどのように機能するか

BullPerksは、財政的およびデータの両面でコミュニティのセキュリティに深く関心を抱いています。リスクを完全に排除することはできないかもしれませんが、BullPerksは独自のデューデリジェンスを実施し、各プロジェクトを調査することで失敗率を減少させています。

同社はプロジェクトの実行可能性、創設者の履歴を確認し、業界の規制との適合性、開発のロードマップ、トークン経済など、技術的な詳細にも深く入り込んでいます。私たちはそのイニシアティブについての詳細を徹底的に調査しましたので、私たちのプラットフォームは合法的で有望なプロジェクトでいっぱいです。

結論

仮想通貨の世界では、機会が速く迫っており、潜在的な取引を逃さないように迅速に行動する必要があります。ただし、他のあらゆる投資と同様に、リスクが伴います。したがって、すべての投資家は投資前に見込みのあるプロジェクトを研究する必要があります。

IDOはまだ高リスクの投資ですが、ブロックチェーンによって保証された収益とセキュリティにより、そのリスクは価値があるかもしれません。

最も有望な仮想通貨プロジェクトに投資を始めたいですか? BullPerks、最も公平でコミュニティ志向の分散型VCおよびマルチチェーンランチパッドでの投資方法を学びましょう!

免責事項。この資料は投資判断の基礎として解釈すべきではなく、投資取引に参加するための勧告として解釈すべきではありません。デジタル資産の取引には重要なリスクが伴う可能性があり、投資した資本の損失につながる可能性があります。したがって、リスクを十分に理解し、自分の経験レベル、投資目標を考慮し、必要に応じて独立した金融アドバイスを受ける必要があります。

More articles on this topic