完全なスマートコントラクトの説明 - BullPerks
HomeBlog
完全なスマートコントラクトの説明
完全なスマートコントラクトの説明
14 6月, 2022

社会と仮想通貨の分野でのブロックチェーン技術の急速な普及と発展に伴い、スマートコントラクトとそれらが提供する機会に対する関心が高まっています。この記事では、スマートコントラクトとは何か、その目的、既に私たちの生活に与えている影響、そして将来どこへ向かっているのかについて見てみましょう。

スマートコントラクトは、特定の条件が満たされたときに実行されるプログラムで、ブロックチェーンに保存されています。これらの契約は通常、合意の実行を自動化するために使用され、関与するすべての人が中間者や時間の損失なしに即座に結果を知ることができます。

スマートコントラクトとは何ですか?

スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で自己実行契約を実装および維持するために設計されたコンピューターアルゴリズムです。スマートコントラクトは「もし〜なら、それなら」という論理に従い、自律的に実行できます。自動販売機はこの技術の一般的な例です:2ドルを挿入し、B4を押すと、機械が対応するクッキーのパッケージを提供します。

なぜスマートコントラクトが使用されるのですか?

スマートコントラクトは、契約の実行を自動化するために通常使用され、中間者の関与や時間の損失なしにすべての参加者が即座に結果を確認できるようにします。また、条件が満たされた場合に次のアクションをトリガーすることもできます。

Ethereum上の最初のスマートコントラクトはいつでしたか?

2015年に、最初の注目すべきスマートコントラクトプラットフォームであるEthereumが立ち上げられ、暗号通貨エコシステムの分散型アプリケーション(dApps)の生態系の基盤を築き、暗号通貨エコシステムの潜在的な使用事例を解き放ちました。

スマートコントラクトの例は何ですか?

スマートコントラクトの応用例には、取引、投資、貸出、借入などの金融目的が含まれます。ゲームアプリケーション、ヘルスケア、不動産、さらには企業全体の構成など、さまざまな分野で使用できます。以下は、スマートコントラクトとdAppsの実際の世界でのいくつかの例です。

DeFiのスマートコントラクトとは何ですか?

分散型金融アプリケーション(DeFi)dAppsは、従来の金融サービスに対する大きな代替案です。ブロックチェーン技術とスマートコントラクトの信頼性、不変性、透明性の特性により、DeFi分散型アプリケーションは銀行および金融サービス業界向けの並行サービスを提供します。これらのサービスには貸付、借入、取引などの金融サービスだけでなく、新しい製品タイプと分散型ビジネスモデルも含まれ、ユーザーに大きな利益と便益を提供できます。さらに、スマートコントラクトによって可能にされる増加した透明性、24時間365日の機能性、低コストにより、世界中の人々に金融サービスへの参入の障壁が低下する可能性があります。

NFTはスマートコントラクトですか?

非代替可能トークン(NFT)。ゲーム業界でのブロックチェーン技術は通常、非代替可能トークンまたはNFTによって駆動されています。これらはゲーム内コンテンツを表すユニークなデジタル資産です。これらのNFTはスマートコントラクトに依存しています。これらの独占的なトークンはユニークで希少で分割できず、NFTの基盤となるブロックチェーンネットワークは、プレーヤーの所有権、証明可能な希少性、相互運用性、不変性を実現します。これらの特性により、ゲーム内のブロックチェーンが主流採用を促進し、より公正な価値モデルを作成できる可能性があります。

トップ3の現実世界のスマートコントラクトの例

法律業界。

現実世界でのスマートコントラクトの最も有望な応用の1つは、多くの現代のビジネス関係で使用されている法的に拘束力のある契約として機能できる能力です。技術は法律業界での革新を推進しており、最近では法的契約に対する電子署名の登場とともに進化しています。スマートコントラクトはこの分野の新しい発展です。これらはすぐに法的契約の当事者の選択肢になる可能性があり、弁護士などの中間者を使用する際の発生する費用を削減できるかもしれません。

不動産。

トークン化を通じて、スマートコントラクトは資産の分割所有を容易にし、ブロックチェーンと不動産の運用と取引を統合することで多くの人々に投資への参加の障壁を低下させます。特に、不動産資産のトークン化には成功した試みがいくつかありました。さらに、スマートコントラクト技術は不動産取引にブロックチェーンを組み込むことにより、トランザクションプロセスと文書作成を再設計することもできます。

新興技術。

スマートコントラクト技術の最もエキサイティングな応用の1つは、機械学習や人工知能(AI)と関連する複雑な計算タスクを容易にする能力です。AIのデータ重要な処理とブロックチェーン技術の分散型セキュリティと不変性を組み合わせることで、人工知能に基づくスマートコントラクトを作成できる可能性があります。スマートコントラクトアプリケーションが異なる業界で採用されるにつれて、これらは新しい役割に適応するためにより複雑になるでしょう。スマートコントラクトの基本的な用途は手動で設計できますが、AI対応のスマートコントラクトは、テクノロジーの能力を大幅に向上させる非常に複雑で柔軟性のあるエンタープライズ向けスマートコントラクトとdAppsの作成を可能にするかもしれません。

スマートコントラクトとブロックチェーン

スマートコントラクトは、ブロックチェーンコードに統合された特定のアクションのためのアルゴリズムの一種です。彼らはブロックチェーンコードの一部であり、ネットワーク内で直接動作します。スマートコントラクトは、紙の契約と同じ機能を果たしますが、デジタル領域で行います。条件は紙にペンで書かれるのではなく、数学的アルゴリズムとプログラミング言語を使用して記述されます。

ブロックチェーンベースのスマートコントラクトの利点

  • 速度。 スマートコントラクトは手動の文書処理を必要とせず、コードを介して実行されます。その結果、多くの伝統的なビジネスプロセスと比較してトランザクションを非常に速く処理できます。この速度は、多くの伝統的なビジネスプロセスと比較して時間を節約できます。
  • 透明性。 透明性を確保するために、チェーン上のすべてのトランザクションがデータベースに記録され、ネットワーク上の他のすべてのユーザーがそれを見ることができます。
  • セキュリティ。 ブロックチェーンは、暗号ハッシュでリンクされた分散型デジタル台帳です。この台帳は「ピアツーピア」ネットワーク上で共有され、ネットワークの各ノードのコピーがすべてのユーザーのコンピュータに複製されます。
  • 安定性。 ブロックチェーンネットワークで処理されるデータは変更できません。したがって、当事者は契約で指定された条件を争うことはできません。

スマートコントラクトの重要性

スマートコントラクトは、オンラインでビジネスを行う方法を革新する能力を証明しました。彼らは伝統的な契約法よりも速く、コスト効果が高く、第三者による手動の執行を必要としないため、企業と消費者の双方にとってコストが少なくなります。

さらに、スマートコントラクトはブロックチェーン上で分散されているため、単一の障害点や攻撃やハッキングの脆弱性がありません。すべての当事者は常に自分の資金に完全なアクセス権を持っており、詐欺を減少させ、紛争が発生した場合でも買い手と売り手の両方を保護するのに役立ちます。

スマートコントラクトは、効率的な金融、銀行、サプライチェーン、ヘルスケア、政府、保険、不動産、エネルギー、ゲーム製品を作成するための有用なツールです。

スマートコントラクト対伝統的な契約

伝統的な契約とは異なり、スマートコントラクトは正当性を確認するために第三者の権限を必要としません。これにより、契約に関与する当事者は特定の取引において時間とお金を節約できます。

また、私たちが知っているように、真正性はスマートコントラクトの重要な利点です。残念ながら、伝統的な契約は適切に保護されず、または認証されない場合、偽造または変更される可能性があります。言葉の微細な変更でも最終的な合意に重要な影響を与えることがあります。しかし、スマートコントラクトはブロックチェーンに保存されているため、変更できません。

もう1つの伝統的な契約の欠点は、片方の当事者がもう片方の当事者の知識なしに両側に署名していることです。スマートコントラクトの場合、これはできません。なぜなら、スマートコントラクトには所有者だけが知っているデジタルキー署名を使用する必要があるためです。

したがって、スマートコントラクトは当事者間の速い、透明で安全で信頼性のある合意を提供します。ただし、彼らにもいくつかの欠点があります。

スマートコントラクトの問題

スマートコントラクトの主要な問題の1つは、ブロックチェーンに格納されているため、擬似的であることです。実際、ブロックチェーンで行われるトランザクションは、トランザクションに関与する当事者に対して擬似的な名前を使用します。それは完全に匿名ではありませんが、法的実体を持つ必要はありません。したがって、紛争が発生した場合、スマートコントラクトのケースはほとんど法廷に持ち込むことがほとんど不可能です。当事者についての唯一の既知の情報はウォレットアドレスであり、彼らの身元ではありません。KYC要件の支援によってこの問題を解決する方法がいくつかありますが、すべてのケースを防ぐことはできません。

スマートコントラクト監査とは何ですか?

スマートコントラクトのセキュリティ監査は、プロジェクトのスマートコントラクトコードを調査し、コメントするものです。スマートコントラクト監査のプロセスを理解する上での主要な側面は、その定義です。スマートコントラクト監査プロセスは、スマートコントラクトの条件を検証するために使用されるコードの確認に焦点を当てています。このような監査では、スマートコントラクトの開発者が脆弱性やバグを簡単に特定できるようになります。通常、第三者がスマートコントラクトを監査してコードが十分に確認されていることを確認します。一方、企業はプロのスマートコントラクト監査者を選んで監査を実施することができます。

スマートコントラクトを展開する前にコードを十分にテストすることは重要です。スマートコントラクトがブロックチェーンに書き込まれると、コードを変更することは不可能です。したがって、適切な監査なしでスマートコントラクトを展開すると、契約の望ましいパフォーマンスに不一致が生じるなど、不利な状況につながる可能性があります。同時に、不適切な監査プロセスは個人データの損失やデータの盗難などのリスクを引き起こす可能性もあります。

最終的な考え

スマートコントラクトは新しいソリューションを作成するためのツールであり、成長中のテクノロジーです。多くの組織はすでにスマートコントラクト技術の既存の欠点を修正するために積極的に取り組んでいます。アナリストによれば、この技術は間もなく完全な法的根拠を持つようになり、人々の信頼性を高めるでしょう。

今後数年で、スマートコントラクトは金融分野だけでなく、さまざまな分野でペーパーワークの大部分を置き換える能力を持つようになるでしょう。世界の主要な銀行の多くはすでにブロックチェーン技術を試験し、ルーチンの活動をそれに移行しています。

近い将来、スマートコントラクトは国家レベルで報告、文書作成などのプロセスを最適化するために使用されるでしょう。

BullPerksの最も影響力のある仮想通貨プロジェクトに投資を始めたいですか?この包括的なチュートリアルで詳細を学びましょう!私たちの記事が気に入ったら、パッシブなビットコイン蛇口についても読んでみてください。

免責事項。この資料は投資判断の基盤や投資取引への参加の推奨事項として解釈すべきではありません。デジタルアセットの取引には重要なリスクが伴う場合があり、投資された資本の損失をもたらす可能性があります。したがって、リスクを十分に理解し、経験レベル、投資目標を考慮し、必要に応じて独立した金融アドバイスを受ける必要があります。

More articles on this topic